̃y[W̃Recɂ́AAdobe Flash Player ̍ŐVo[WKvłB

Adobe Flash Player 擾

園原の歴史めぐり

地域文化財保全事業として阿智村がすすめてきた史跡「園原の里」の整備事業が、第三年度の「古典文学碑」五基の建設によって完了した。
これによって園原の里の文学碑は十二基になり、園原の里を尋ねる人々にいっそりの情趣を添えるであろうし、古代をしのぶしるべともなることをねがうものである。

新設された碑とは、神坂神社左手奥の磨崖の詩碑「信濃坂を渉る」、同神社入口の万葉集東歌「信濃路は」の歌碑、換気塔に隣接した史跡苑の李花集-「まれに待つの」歌碑、滝見台への道上に源氏物語の光源氏と空蝉の「ははき木」に因んだ贈答歌碑、万葉ふれあい館前の新古今集坂上是則の「園原や」の歌碑、いずれも園原にゆかりの古典作品である。

mape6ad8ce7a2911.凌雲集の漢詩碑
2.万葉集東歌の歌碑
3.李花集の歌碑
4.源氏物語箒木の歌碑
5.新古今集箒木の歌碑
6.園 原 碑
7.万葉集防人の歌碑
8.有賀光彦歌碑
9.朝日松の歌碑
10.広拯院遺跡碑
11.源仲正名月の歌碑
12.芭蕉・卓池の句碑
13.熊谷直一翁